2006年11月30日

人脈

先日の社員の結婚式で同じテーブルにいた人の中に、農業生産法人をされている方がいました。

早速ホームページを拝見したのですが、とてもこだわった農業をされているようです。

ただ見たところ、個人向けの通販はしていないようなので、ひょっとすると提携できるかもと思っています。

近々アポを取って行ってみるつもりです。
posted by たけし at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

お米値下げしました!

メインサイト「なまらうんめ米らて」で、一部お米の値下げをいたしました。

良かったら、たまにはメインサイトも覗いてみてくださいね。

最近あまり更新してないんですが・・・(^^;
posted by たけし at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

お米の盗難

この時期になると毎年数件同様の記事を見るのですが・・・

山形県の農家の倉庫から、コシヒカリが900キロ盗まれたそうです。
シャッターは閉まったままで、換気のために開けていた窓から侵入したのではないかとのこと。

900キロというと、一袋が30キロですから30袋です。
乗用車では無理ですが、箱バンなら十分運べます。

ですが、換気窓から運び出せたかというと、それは大変でしょうから、中からシャッターを開けて運び出し、また閉めて換気窓から出たのでしょうね。

しかし倉庫の中には約100袋あったといいますから、全部ではなく30袋で済んで良かったと言えなくもありません。

3tトラックなら100袋くらい分けないですからね。
まあ人手は要りますが・・・

なんにしても、農家のみなさんは気をつけましょうね。
posted by たけし at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

下がる一等米比率

県農産物検査協会によると、新潟県の新米の一等米比率はコシヒカリで65.9%だそうです。これはなんと昨年比で18ポイントも下回るという結果です。

品質低下の要因は、高温障害で発生しやすい未熟粒や胴割れ被害が出たことだというのですが・・・本当でしょうか?

コシヒカリ以外のこしいぶきや越路早生などは逆に昨年よりもいいんですよ。

まさかとは思いますが、JAや全農にいがたが強行したBLのせいなんかではありませんよね?

・・・って、誰に聞いてるんだろ?(^^;

※「1等米比率65.9%」新潟日報 2006/10/04
posted by たけし at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

続々入荷!

最近は米の入荷でテンテコマイです(^^;

nyuuka.jpg

どんどん倉庫がいっぱいになっていきます。

最近はフォークリフトがあるからいいんですが、以前はトラックから手で降ろしたり、積んだりしていましたからねえ。大変でした(*_*)

いやーいい運動になりますわ!
腰を痛めないようにがんばりまーす(^^)b

posted by たけし at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

不思議な風景

先日も載せましたが、稲刈り後の田んぼは不思議な光景に変わります。

稲刈りをしてその場で脱穀してワラを束ねたのを置いているんですね。
機械でまとめると、丸く円筒形になります。

これはバイパスの上から写した写真です▼

tanbo4.jpg

走りながらなので、こんな写真になってしまいました。
運転しながらではないですよ。

どうです?面白いでしょ(^^)
posted by たけし at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

稲刈りの後・・・

新潟市内の田んぼはかなり稲刈りが進んでいますね。
たまに刈ってないところも、もういつでも刈れるといった状態。

急いで刈るのは、少しでも早ければその分売れるからですが、もうここまで来たら、急いでも仕方ありませんからね。

で、最近道を走りながら田んぼを見ると、こんな光景をよく目にします。

tanbo3.jpg

なんだか不思議な光景ですよね(^^;
posted by たけし at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

新米入荷

今週に入って新米が続々入荷します。

「あきたこまち」に「ひとめぼれ」、もち米も入りましたし、そろそろ「こしひかり」の入荷も始まりそうです。

定期的にお買い上げいただいている方には随時ご連絡をしているのですが、大々的にはまだできていません。

なかなか更新ができない・・・(><)
posted by たけし at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

新米食べました!

そろそろ新潟市内でも稲刈りが始まりましたね〜。

田んぼによって様々なんですが、まだ青々とした田んぼもあれば、黄金色に稲穂を垂れている、もういつ刈ってもいい感じのところもあります。

で、新米を食べましたよ!早生米の「こしいぶき」です。

いやーうまかったですねえ。
粒は大きいし、炊いて食べれば真っ白だし、とてもしっかりした食感を楽しみました(^^)

もうすぐうちのホームページでも発売できそうです。

みなさんお楽しみに!
posted by たけし at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

倒伏

新潟市近郊では田んぼの色が日に日に変わっています。

濃い緑色だったのがだんだんと黄金色に。

良く見ると田んぼごとに色が違うのが面白いです。
色が違うのは品種が違うから。先に黄金色になるのが早生米ですね。

中にはミステリーサークルのように部分的に稲が倒れているところがあります。穂にいっぱいの実をつけて、重くなると倒れてしまうんですね。

これを「倒伏(とうふく)」といいます。

収量を重視するあまり、狭い土地にびっしりと稲を植え、肥料をたくさんやると背が高くなります。すると結果的に倒れやすくなってしまうわけです。

今年は台風や水害の被害が今のところないので大丈夫ですが、大雨で水びたしになったところに風で稲が倒れると稲穂が水につかり、収量が落ちる原因となるのです。

稲刈りまであと少し。台風よ来てくれるな!
posted by たけし at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

新米の値段

新潟県柏崎市でももう新米の刈り取りが始まったようです。

来月に入ると本格的に新米が出始めます。

作況はほぼ平年並みですが、やや供給過剰ぎみとのこと。
今から新米の仮渡金(農協が農家に仮に払うお金)が下がるという話が出ています。

にもかかわらず、魚沼産コシヒカリは高騰するんだとか・・・んなあほな(−−;

※「新米、安値スタートか」日経 2006/08/26
posted by たけし at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

今日の田んぼ

今日外回りをしていたとき、車で走りながら何気なく田んぼを見ていました。

見渡す限りの田んぼを見ているのはとても気持ちの良いものです。

見ていると、他とは色の違う田んぼがあります。

tanbo1.jpg

これは恐らく手前がコシヒカリ。奥がこしいぶきか何かの早生米の田んぼなんだと思います。

早生米は今月末には出荷になりますし、コシヒカリは9月の中旬以降なんですね。

これからどんどん穂に実が入って垂れてきます。

tanbo2.jpg

広く黄金色の田んぼを見れるのももうすぐですね。
posted by たけし at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

気温上昇

このブログでも何度か書いていますが、新潟市では7月下旬までなかなか気温が上がらず、このままではお米の作柄にも少なからず影響が出るだろうと思われていました。

しかし8月に入って日に日に気温が上昇。
今では連日35℃を超え、うだるような暑さとなっています。

本当の“猛暑”といわれるほどの暑さではないと思いますが、これでも稲にとっては待ちに待った陽ざしで、作柄を「不良」から「平年並み」または「良」へ持ち上げてくれるかもしれないありがたいものです。

あとは8月下旬の台風シーズンに持ちこたえてくれるかどうか。

まさに自然との闘い・・・ですね。
posted by たけし at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

農作物が・・・

8月に入ってやっと新潟の気温も上がってきました。
でもまだまだ全然足りません。

涼しくて過ごしやすいのはいいのですが、これではお米の作柄が心配・・・

いつもの年なら熱帯夜が続き、エアコンなしでは眠れないくらいなのですが、まだ夜になると涼しくて、朝方なんか肌寒いくらいです。

野菜の値段も上がり始めたようですね。

お米は値段が多少上がったりしても、日本人の主食ですからそれほど需要が変動するわけではないのですが、その他の農作物を作られている農家の方は本当に大変だと思います。

美味しいお米が穫れるかどうかは、この8月の天候次第!

農家のみなさん、がんばって!!
posted by たけし at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

米ぬかが・・・

お米を精米すると「ぬか」が出ます。

「ぬか」が色々と役に立つのはみなさんご存知ですか?

植物の肥料にしたり、石鹸にして洗顔に使ったり、食べれば食物繊維が豊富でお通じも良くなります。

他に何かご存知の人はいますか?

実は、昔日本では床を磨くのにも使っていたんですよ。
ぬかを布に包んで床を磨けば適度な脂分が出てとても良いツヤが出るんですね。

それをさらに使いやすく製品化したのが、塗料メーカー「日本キヌカ」が開発した「キヌカ」です。

米ぬかから約20%の油分を抽出して精製したもので、従来のワックスのように塗装面に保護膜を作るのではなく、木材繊維に成分をなじませます。
汚れや水がついても簡単にぬぐい取れ、ワックスとしても十分な効果が得られるのだそうです。

米ぬかは、年間約百万トンも発生します。その約6割が産業廃棄物として処分されますが、このキヌカはその有効利用にも一役買うというわけです。

お米の意外な利用法、一度試してみてはいかがでしょうか?

※「米ぬかの天然ワックス」日経 2006/07/08
posted by たけし at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

BL

最近「BLって・・・」という言葉をまた聞くようになりました。
「BL」とは「コシヒカリBL」のことです。

昨年より新潟のコシヒカリの大半はBLに変わりました。
いもち病に強く、農薬の使用を抑えられるという画期的なものなのですが・・・
以前の記事にも書きましたが、食味については実際に流通してみないと評価できないものです。

また今頃「BLって・・・」という言葉を耳にする機会が増えたということは・・・
posted by たけし at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ポジティブリストって?

食品衛生法の改正により、5月29日に「ポジティブリスト制度」というものが導入されました。

農薬や飼料添加物などの残留成分が一定量以上含まれている野菜や畜産物などの流通を原則禁止する制度で、指定された以外の農薬が残留していれば作物の出荷・流通停止ということになります。

これに対応して新潟県でも農家や農業団体などが農薬の飛散防止や使用量削減に向けて、粉の農薬を価格が3〜4倍の液体農薬に変更するなどの動きが出ています。

保健所による検査も増やし、青果市場や大型スーパーで抜き打ちチェックもするそうです。

食の安心を求める消費者にとっては良いことですが、今まででもコストのかかる農薬を必要以上に使っていたわけではなく、農薬を減らすということは農家の方の作業負担を増やすことになるので、農家にとってはますます厳しい時代に入ったと言えるでしょう。

※「減農薬・飛散軽減に力 ポジティブリスト対応」日経 2006/06/16
posted by たけし at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

お米ネタ

最近「米」に関する話が全然ない。

という声が知り合いからありまして、確かにそうだなあと感じたわけであります。そこで、今日は久しぶりに「米」のお話。

うちでは最近毎朝玄米を炊いているんです。

先日テレビ番組「発掘!あるある大辞典U」の特集を見たのがきっかけです。
「放送テーマINDEX」から探してくださいね。

うちも朝はヨーグルトを入れて玄米を炊いていますよ。

おかげで通じも良くなり、腹持ちが良いので白米よりも少ない量で済みます。

ただ飽きるといけないので、夜は朝炊いた玄米がなくなると白米を食べています。

今のところ飽きることなく続いてますよ。
みなさんもいかがですか?

posted by たけし at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

コメ市場取引の低迷

コメ価格センターでは毎月の入札結果を発表しているのですが、この「落札率」が低迷しています。

要するに「○○」というコメを100トン売りたいという人がいて、これを80トン買いたいという人がいて取引が成立すれば、落札率は80%なのですが、これが4月の入札では全国平均で32%にまで落ちているのです。

つまり売りたい量の三分の一しか売れていないということ。

ちなみに今年1月からの落札率の推移を見てみると

1月 54.0%
2月 55.9%
3月 35.8%
4月 31.9% といった具合

もともとの落札率が低い上に、さらにここ2ヶ月低下し、それとともに相場が下がりつつあります。

そんな中で落札率100%という「魚沼産コシヒカリ」のようなものもあるのですが・・・。

果たして新米の時期までにこれらのおコメに買い手がつくのか。
またどんどん相場が下がってしまうのか。

昨年は豊作であったために、コメ不足とは逆の悩みが出てきてしまっています。

下の新聞記事はちょっと難しい話なので、興味のある方だけご覧ください。

※「コメ現物市場活性化へ課題」日経 2006/05/10
posted by たけし at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

優れた日本のイネ

イネの実が熟しても落ちないようにする遺伝子の仕組みが解明されました。
13日付のサイエンス電子版に掲載されるそうです。

東南アジアで栽培されているイネは実が落ちやすく、逆に日本のイネの多くは落ちにくいらしいですね。
その両方を比較して、遺伝子のうち実を落ちやすくする部位を特定したのだそうです。また「日本晴」という品種では、遺伝子の別の部位が変化し、実を落ちやすくする部位の働きを止めているということも解明したんだとか。

この研究が進み、品種改良されればお米の収量増加に役立つでしょう。

実が落ちにくいことがイネにとって良いことかどうかはわかりませんが・・・日本の稲作農業と品種改良の長い歴史の中で、日本のイネは遺伝子的にも優れた特性を獲得していたんですね。これはすごいことだと思います。

※「イネの実落ちにくく」日経 2006/04/14
posted by たけし at 09:48| Comment(4) | TrackBack(0) | お米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。