2007年01月11日

ミネラル栽培米 発売!

今日は新商品のご案内です!

じゃじゃーん(^_^)/

ミネラル栽培米」です。

このお米は、ミネラル肥料「ハイグリーン」を主に使用することで、マグネシウムを多く含んでいます。

ミネラル栽培米は人の体に欠かせないミネラルを多く含みます。
同時にお米自体のタンパク質・カリウムの含有量を低下させているため 食味が良いのも特徴です。
栽培履歴も明らかで、食べて「安心」なこしひかりです。

mineral_big.jpg

どうぞ一度お試しください(^^)
posted by たけし at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

新商品

そろそろ新商品の取り扱いを始めようと思っています。

既に入荷済みなのですが、なかなかアップする時間がなくて・・・(^^;

がんばります。
posted by たけし at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

有機栽培米

今まで「有機栽培こしひかり」として販売していたものを、今後は「有機系肥料使用こしひかり」と変更することになりました。商品は今までと全く同じものです。

北陸農政局新潟農政事務所の指導によるもので、「特別栽培農産物」として県の認証を取得していない以上、「有機栽培」とか「有機米」といった表示をすることができないというのがその理由です。

通常スーパーなどの店頭で販売するものについては、今までも「有機栽培米」として表示してはいませんでしたが、まさかホームページでの表示も許されないとは・・・

認証制度の概要についてはこちらをご参照ください。

認証の取得には、数百万円の費用がかかります。
そして認証を取得しているかどうかは、お米の出来や味とは全く関係ありません。

むしろ肥料や農薬の使用を制限されますから、出来も味も落ちる可能性があると考えた方がいいでしょう。
現在の化学肥料や化学合成農薬は非常に進歩しており、残留の度合いも少なくなっていますから、普通に使用してもほとんど残らないはずです。
逆に農薬の使用を制限したために、害虫などの被害に遭い、食われたところから汚染されるケースもあるのです。

「規則だから」「この条文に抵触するから」といいますが、そもそもなぜそんな規則があるのか。認証制度は消費者のためのものなのですが、県の財政に貢献させるのが目的のように感じてなりません。

◆ ◆ ◆

加えて米袋の表示にも問題があると指摘を受けました。

みなさん店頭でお米の袋をご覧になると「極上」とか「日本一」とかいう言葉を目にすることがあると思います。これは全て違法なのだそうです。

理由は、それを表示する根拠がないから。

でも通常精米業者の多くは既製品の袋を使用しており、数あるデザインの中からそういうものを選んでいるだけなのです。
こういった表示がだめなら袋を製作するメーカーの製品の、かなりのものが使用することができないでしょう。
現在使用している袋のうち、問題のあるものは、1ヶ月以内に切り替えなければいけません。
使用できなくなった袋は無駄になってしまいます。それも馬鹿にならないコストです。

全く納得しがたい話で、ただただ困惑するのみです。
posted by たけし at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

値下げ決行!

先日のお米の入札の結果(5割が売れ残る)を受けて、今後の値下がりを想定し、当店ではお米の価格を下げようと思います。

全てではありませんが、一部の銘柄のお米の価格を本日12月1日より下げることにしました。今の在庫はまだ安く仕入れているわけではないので、もちろん利益率は落ちますが、やはり価格競争力もなければいけませんよね。

というわけで、値下げ決定です!
posted by たけし at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

大量注文(3)

大量注文の続きです。

また先方から電話が入りました。「お宅に決める。1月に入ったら支払いを済ませるので商品を発送してほしい。ついてはチラシを刷るために写真を撮りたいのでサンプルを送ってほしい。」

そこで私は、まず米袋探しからかかりました。うちで以前使っていた1kg袋の中で、袋に「コシヒカリ」と入ったものを選びます。これがないと1000枚もの袋にいちいちシールを貼らなければいけないからです。ちょうど良い袋がありましたがこれはジッパーつきのちょっと高いものでした。でも手間を考えればこの方が得ということで、これを注文することにしました。
続いてはこの米袋を入れる手提げ袋です。これは取引先のパッケージショップでちょうど良いサイズのものを探しました。小さな手提げ袋はたくさんあるのですが、底のマチが広いものが多く、ちょうど良いものがなかなかありませんでした。でもひとつだけピッタリのものがありましたので、それに決めました。

これで何とかサンプルが作れそうでほっとしたところです。
posted by たけし at 19:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

大量注文(2)

今日は朝から用事があって、外出していました。
昼に会社に戻るとすぐ、昨日の東京の銀行の方から電話が入ります。
「見積もりはまだでしょうか?」どうも先方は急がれているようでした。「1時間以内に見積もりを作成してお送りします」と返答して早速作成してFAXしました。内容は「新潟産コシヒカリ1kg×1000袋。手渡し用の手提げ袋を1000枚つけます。」というものでした。これであとは良い返答が来るのを待つだけです。
posted by たけし at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

大量注文

事務所から少し離れたところで作業をしていた私に「ホームページを見たという人が米のことで聞きたいそうです」という声がかかりました。

ここまでは良くある話です。で、その後はちょっと信じがたいほど良い話でした。条件は先方からとても明確に伝えられます。「新潟のお米を1kg袋で1,000個。1袋400円で40万円でできないか?他では送料は別と言われたが、込みにしてほしい。」私は即断して「大丈夫です。ぜひやらせてください。」と返答しました。

先方は東京の某銀行の方で、お正月にお客様に配るのだそうです。とりあえず、あとで認識の違いが出るといけないので、形式的ですが見積書を出すことにしました。良い形でまとまればうれしいですね。
posted by たけし at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

ブームの主役交代

メインサイトで取り扱っている商品の一部見直しを考えています。

「関連商品」として掲載している「にがり」や「海水塩」なのですが、既にブームが去ったのか、最近は全く売れません。
賞味期限はないとはいえ、在庫の量もかなり多いので、どうしたものかと思っています。

「にがり」は海水から塩を取るときにできる副産物で、豆腐を固めるというのが古くからの使い方でした。それが3年ほど前から各種メディアで取り上げられるとブームに火がつき、ダイエット食品として全国で爆発的に売れたのです。

nigari.jpg

ではなぜその「にがり」をうちで扱うようになったか?というと、その「にがり」がお米を炊くときに少し入れると、粘りと甘みを増すという効果があったからです。
もちろんそれだけではなくて、ダイエット効果が特に女性に受けるのではないかという期待もありました。

実際効果はあります。ダイエットだけではなくて、水に溶いて洗顔に使えば潤い豊かになりますし、水虫に効く、髪に良い、風邪を引かなくなったという話もあります。砂糖・塩・酢・醤油・味噌に続く第六の調味料と言われたこともありました。

非常に様々な効果を期待できるものなのですが、やはりブームというものにはいつか終わりが来るもので、最近の健康食品ブームの主役は「寒天」に取って変わってしまいました。

今後は在庫処分をどうしようかと考えています。
posted by たけし at 18:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

お米の仕入

秋は収穫の季節。うちの会社でもお米を仕入れる時期になります。仕入先はJAや大手の卸業者、一般の農家と様々ですが、毎日のように大量に入荷しています。

CA320079.jpg

うちの倉庫はそれほど大きくありません。倉庫の中でフォークリフトを動かせるほどのスペースがないので、車から入り口までフォークリフトで持ってきて、そこからは人力で奥へ運ぶという作業になります。
昨年まではこのフォークリフトさえありませんでしたから、それはもう大変でした。

玄米の袋はひとつ30kgです。昔は60kg(一俵)でしたから、その頃に比べれば軽いのですが、さすがに何十、何百と運ぶともうへとへとです。

おかげで腕力はつきますので、これもいい運動と思ってやってます。それに慣れれば腰から肩までひょいっと上げて、肩だけで運ぶこともできるようになります。

今日もこれから仕入に走ります。ダンベルよりも重い米袋相手に、いい汗かいて来ますよ。
posted by たけし at 10:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

新米続々!

ようやくこしひかりの新米が発売になりました。
西のほうに比べたら新潟は遅いので、ホントに待ちに待ったという感じです。

作柄も良いのでおいしいですよー!
このブログの右側のメニューバーにも(新米)とわかるように入れてみました。

今年は「有機栽培こしひかり」が新発売となりましたので一度お試しください。
試食してみましたが、味は保証つきです(^-^)b

その他のこしひかりも、来月の第一週から遅くても第二週の間には出揃うものと思います。
posted by たけし at 03:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

「越後の名水」

前回の記事でお米に良い「水」として紹介しました「越後の名水」について、通常ホームページでは単品での取り扱いをしていないのですが、今回このブログの読者の方からご要望があり、単品でもお出しできるよう、準備を整えました。

ご入用の方はコメントいただくか、直接メールをいただきますよう、お願いします。
ご購入手続について個別にご案内します。

「越後の名水」は2Lのペットボトルです。
1ケース6本入りとなっています。

今回は2ケースより、1ケース単位にてご注文を承ります。

価格は1本あたり@300円とします。1ケース1,800円です。

送料の設定は通常通りです↓
(例)東京へは300円、1万円以上で送料無料。

echigonomeisui.jpg
posted by たけし at 22:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

異物混入(2)

先般の異物混入事件で勉強し、クレームの発生を防ぐための“メッセージカード”を作成しました。
せっかくなので、全文をここで掲載します。

ちょっとマイナスイメージが強すぎるような気もしますが、お客さまの誤解や不安を事前に取り除くためにはやはり必要なものだと思います。

平成六年に「製造物責任法(PL法)」が施行されてから、メーカーの責任が特に重要視されるようになり、電化製品などにも過度に注意書きが付くようになりました。

アメリカだったか、「水に濡れた猫を乾かそうとして電子レンジに入れたら猫が死んだ」としてメーカーを相手取り裁判になったという話を聞いたことがあります。
判決までは覚えていませんが、その後その電子レンジの説明書には「猫を入れないこと」と注意書きが入るようになったそうで、なんともメーカーが気の毒なような笑えない話です。

最近日本ではタバコのパッケージが変わりましたよね。
あれほど仰々しいと「売りたくないの?」といいたくなります。
もう10年ほど前のことですが、台湾へ仕事で良く行っていたときに、現地のタバコは日本のものでも、今の日本のパッケージのような感じで、「吸いすぎると肺ガンになる」とか「妊婦が吸うと流産する」なんて、怖いくらいのメッセージが入っていました。まあ逆にちょっと笑えるんですけどね。
今考えると、台湾の方がそういう面に敏感で進んでいたということでしょうか。

日本のPL法では、未加工の農作物は対象外でも、加工済みの農作物は対象になるそうで、そのまま解すれば、玄米は対象外だけど白米は対象品目ということになるでしょうか?
お米の場合はどこまで未加工で、どこから加工品という線引きが難しいと思いますが。

まあ実際には裁判なんて大げさなことにはならないと思いますが、お客様サービスの一環として不安を取り除く策を講じておくのは悪いことはないですよね。

メッセージカード全文
posted by たけし at 11:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

異物混入

ごくまれではありますが、お客さまにお届けした商品の中に、お米とは異なる物が入ってしまうことがあります。

多くは草の実や未熟米などで、害は無いにしろ白い米の中では見た目が悪いものです。

当店では玄米を精米する過程で“石抜き機”と“色彩選別機”にかけ、金属も強力な磁石で取り除いています。これは現在日本で考えられる手法としては最良に近いものです。

先日あるお客さまから「石のようなものが入っている」と言われ、そんなはずはないと思いながらもそれを送ってもらいました。見ると川砂利のような小さな白い石で、見た目には米粒のかけらと見間違うようなものでした。通常は“石抜き機”で取り除かれるはずのものが、それをすり抜け、色が白いために“色彩選別機”でも除去できなかったと思われます。当然金属ではありませんから磁石でも取れません。

既述のように最良の手法を取りながらも、それでも100%ということはないのです。

今回のお客さまにはなんとか分かっていただきましたが、これまでにもいくら説明してもご理解いただけず、離れていったお客さまもありました。
非常に残念なことですが、一度失った信頼を取り戻すのは並大抵のことではありません。
まして通販で顔の見えないお客さまと、基本的には文字だけのやり取りをしているのですから、メールの一通一通、一字一句にとてつもなく気を遣います。

お米の場合は一度購入いただくと、定期的に利用されるケースも多いのですが、毎月購入していただいていたお客さまが離れていくのは非常に大きな損失となります。

そこで、異物除去を100%とすることができないのなら、まれに異物が入ってしまうことがあり得るということを、事前に告知する必要があると、今は考えています。
しかも堂々と「考えられる最善の策を取っている」ということを伝えなければならないでしょう。

商品の全てに同梱するメッセージカードのような形にしようと、現在鋭意作成中ですが、大げさなものにはしたくないしで、なかなかまとまらずに苦戦しています。
でも早急に完成しなければ・・・
posted by たけし at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

お中元

早いもので昨日、今年初めてのお中元の注文がありました。
5件まとまったご注文でしたので、とてもありがたいことです。

さてこの「お中元」という習慣ですが、昔中国から伝わり、日本文化として定着したそうです。1月、7月、10月の15日を「三元」として祝い、中でも7月15日は「中元」と呼んで祖先の供養をしたのですが、それがお盆の行事とあわさって、日本独特の行事となったということです。

日本の「お中元」というと、日頃お世話になった方へ、感謝の気持ちを込めて品物を贈ることですが、今は贈り物自体を指すことの方が多いような気がします。
テレビCMなどでは良く贈り物を持参して手渡しするのを目にしますが、実際はデパートなどから直接宅配便で送って済ませることの方が多いですよね。

どーも個人的には、義理チョコみたいな感覚で「送らにゃしょうがない」という理由で送るのは好きでないんですが・・・。

さてここまで読んだ方は気づかれたでしょうか?
「贈る」と「送る」。似てますが、ニュアンスが違いますよね。

ひと昔前は「贈る」だったのが、今は「送る」ことが多くなっている。ちょと寂しい気もしますが・・・
うちの商売的には「送る」が増えるといいんですよねー(^_^;

でも気持ちをちゃんと伝えてもらえるように、のし紙やメッセージカードもお客さまのご希望通りに用意するようにしてますよ。のし紙を貼る場合は必ず二重梱包していますし、包装紙でラッピングもできます。もちろん全部サービスです。

ご贈答用にぴったりな、各種セット商品もご用意しています。

うちのサイトも、みなさんが感謝の気持ちを「贈る」お手伝いができればうれしいです。
posted by たけし at 12:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

説明商品

「説明商品」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言えば、説明をしなければわかりにくい商品ということです。

そのものを見れば、どんな用途でどう使えば良いのかがすぐにわかれば良いのですが、商品によっては補足説明がなければ何が良いのか、なぜそんな値段なのか、わからないことがあります。

例えば「マイナスイオン扇風機」なんてのもそうです。
姿かたちは扇風機でしかありませんから、他の普通の扇風機と比べて何倍もする価格がついているとびっくりしてしまいます。今でこそ、マイナスイオンに色んな効果があるというのが世間に浸透し、それほど説明を必要としなくなりましたが、最初は売り場の店員さんは大変だったと思います。
きちんと説明しようとすれば「マイナスイオンが出ますから」と言ったところで足りません。「マイナスイオンが出ると何がいいの?」「そもそもマイナスイオンて何?」と、全ての質問に答えようとすれば、非常に幅広い商品知識が必要です。

うちのサイトにも「説明商品」があります。
まあ産地によって食味がどうとかお客さまが知っているわけもありませんから、全てのお米が「説明商品」と言えなくもないですし、「特別栽培米」や、合鴨農法の「こだわり米」、リサイクル肥料を使用した「越のめぐり米」などはその中でも説明を要する商品です。

そしてその中でも・・・「活性化米岩船産こしひかり」は、その典型です。“活性化”って何?と言われると、説明するのに四苦八苦します。
説明が非常に難しいので、最初に取り扱いを始めた頃は全く売れませんでした。
そこでモニターを募集してその効用を聞き出し、まとめてデータベース化したのです。
それからは少しずつ売れるようになりましたが、実際にはその効果を求めてというよりは、食べてみて美味しいからというのが一番の理由のようです。

もし良かったらお試しください。食べてみればわかります。間違いなく美味しいです。それ以外の効果については・・・ホームページをご覧くださいね(^_^;)

※「こだわり米」「越のめぐり米」は 諸事情により販売を終了いたしました
posted by たけし at 12:06| Comment(6) | TrackBack(1) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

まとまった注文

最近企業さまからのまとまった注文が入ることがあります。
さきほども魚沼産こしひかり5kgを20袋というご注文をいただきました。大変ありがたいことです。

ホームページというのは通販を行うわれわれのようなものにとって、大変便利なもので、続きを読む
posted by たけし at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

いろいろありすぎ?

当店の商品点数は細かく分けると100近くあります。
でも扱っているお米の銘柄は12種類しかありません。
HP開設当初はとても商品が少なくて、さびしかったんです。
それからいかに数を増やすかというのがテーマになりました。続きを読む
posted by たけし at 20:33| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。