2007年02月02日

遺伝子組み換え作物

遺伝子組み換え作物の栽培面積が、世界で初めて1億ヘクタールを超えたそうです。

伸び率の首位はインドで、綿花の作付面積が前年比約3倍。全体でも中国を抜いて5位になりました。

組み換え作物のうち、最近最も多く作付けされたのは大豆で、全体の57%です。

遺伝子組み換え作物については否定的な人も多いですが、わたしはこういう技術の進歩は素晴らしいと思いますね。

※「昨年の遺伝子組み換え作物 栽培面積1億ヘクタール超」日経 2007/02/01
posted by たけし at 11:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
今朝のニュースでやっていました
アメリカなどでも遺伝子組み換えの大豆が主流なのに
日本では抵抗が強く、豆腐や味噌の原料になる大豆の確保が難しくなるとか
食品添加物や薬などは日本のほうが規制がゆるやかな(様な気がする)のに
遺伝子組み換えについては消費者の抵抗が強いようですね
ダイエットに効果があるとエライ先生がテレビ番組で発表したら売れるかも(^^;;

実際のところ完全に安全とわかっているなら今まで通りの値段と品質で供給し続けてほしいのですが。
どうなんでしょうか・・・
Posted by キャサリン♪ at 2007年02月02日 21:48
ごぶさたしてます(^^)

日本人は良く分からないものに対しての抵抗感が強い気がします。

理屈から言えば、遺伝子を組み替えたからといって、それを食べた人に悪影響を及ぼすということは考えにくいと思います。

おっしゃるように、食品添加物などの方がよっぽどカラダに悪そうに感じますね(^^;
Posted by たけし at 2007年02月03日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32654074

この記事へのトラックバック

徹底サーチ/遺伝子組み換え作物/「遺伝子組み換え作物」:最新情報
Excerpt: 「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「遺伝子組み換え作物」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「遺伝子組み換え作物」:最新情報 「遺伝子組み換え作物」関..
Weblog: 徹底サーチ
Tracked: 2009-02-27 10:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。