2006年12月15日

無罪?

三菱自動車製大型車のタイヤ脱落事故にからむ虚偽報告事件で、元三菱ふそうトラック・バス元幹部4人と法人としての三菱自動車に対する判決公判が12月13日言い渡されました。

4被告は無罪

会社の刑事責任を見届けたいと、冒頭のいまわしい事故の遺族も傍聴していたのですが、結果は無罪となりました。

この記事をさーっと読んでしまうと、この事故について無罪と言っているようですが、実は違うんですね。

検察側は、事故後国土交通省が指示した調査に、被告らが部品の欠陥を隠して報告し、リコールを逃れたということを訴えたのですが、被告側は、法律に基づかない行政指導に応じただけで、罪そのものが成立しないうえ、「整備不良と過積載などが破損原因だと信じていた」と一貫して無罪を主張してきたというものです。

確かに法律的には理路整然としているのですが。。。どうもスッキリしないニュースです。

※ Infoseek 自動車関連ニュース

※ So-Netニュース
posted by たけし at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。