2005年03月25日

ためになった本

最近良くお話している千葉のケーキ屋さんが、メルマガの発行でがんばっていらっしゃるので、参考にしてもらえたらと2冊の本を紹介しました。

それは次の2冊です。

「ファン(継続読者)が 増えるメルマガ 消えるメルマガ」
高橋浩子著 明日香出版社 1,500円(税別)

お茶屋の二代目ケン坊という架空の人物が、悪戦苦闘しながらメルマガの難しさや喜びを学んでいくストーリー。
ちょっと情けないキャラクターに好感が持て、面白く読めます。
成功しているメルマガ発行者7人のインタビューもあり。


「売上10倍!小さな会社の最強メルマガ営業術」
メルマガ専門コンサルタント 平野友朗著
日本実業出版社 1,400円(税別)

メルマガ作成の基礎やベストな配信方法、アフィリエイトや販促についてのテクニカルな点などを、詳細に解説しています。
ここまで徹底できればいいのだけど・・・というくらいにノウハウが詰まっています。


私も2年以上メルマガを発行していますが、上記の本を読んで、改めてメルマガの面白さや難しさを感じました。

サイトとメルマガは車の両輪。どちらが欠けてもうまく行きません。
ネットの世界の進歩はすさまじく、ブログなどはあっという間に世間に認知され、さらに日々増殖し、進化しています。

また従来のサイトはブログの出現によって、アクセス数の低下を余儀なくされています。

私は最近「サイト」「ブログ」「メルマガ」の三輪車なら、二輪よりも安定して走れると確信しています。
posted by たけし at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。