2006年09月07日

もったいない・・・

私はお酒を飲んで帰るときに、だいたいいつも同じタクシー会社を使っています。それはシールをカードに貼って集めると、商品券と交換してもらえるからなんですが・・・

いっつも私から「シールをください」と言わなければいけないんですよ。黙っていたらただ精算して降りるだけ。

こういうシステムというのはお客様にポイントを集めてもらうことで、同じ乗るなら自分の会社のタクシーに乗って欲しいということでやるわけじゃないですか。

それなのに、わざわざ自分の車を選んでくれたお客様に、一言「カードはお持ちですか?」となぜ言えないんでしょう?

はっきり言って全くの企画倒れ。会社はせっかくカードを作っても、運転手までそういう教育を徹底していないんです。

薬局やCDショップ、ホームセンター、衣料品店、カラオケBOXなど、最近は様々な種類のお店でポイントカードを持たされます。どのお店もレジで必ず聞きますよ。「当店のカードはお持ちですか?」

でもなぜかこのタクシー会社だけは、絶対にすすめてくれません。

いつも使っていても、カードの存在を知らない人の方が多いんじゃないでしょうか。

私もシールを集めるなんて、主婦がベルマークを集めるようでちょっと恥ずかしいのですが、それでも「どうせ乗るならあの会社」と、車体の上のマークを探します。


私なら精算の時じゃなくて、乗車したらすぐにその話をしますね。

「お客さん、うちのカードお持ちですか?」

(いやあ持ってないよ。そんなの知らないなあ)

「シールを集めると商品券と交換できますからぜひ1枚お持ちください」

(あ、そうなの?それなら1枚ください)

それともうひとつ不思議なのは、運転手のみなさんから名刺をもらったことがありません。私ならポケットティッシュでもつけて・・・

「良かったらまた使ってください。こちらにお電話いただければいつでもお迎えに上がりますよ」

(そう。なかなかサービスがいいね。またよろしく頼むよ)

ね。個人タクシーじゃなくてもこのくらいのことはできるでしょ。ただ車を停めて待っているよりもずっと効率のいい仕事ができると思いませんか?

やるべきことはとても簡単なことだと思うのですが・・・もったいないですね。
posted by たけし at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。