2005年03月05日

口コミのすごさ

今日は仕事である温泉地へ行ってきました。
お昼にかかったので、わりと有名なラーメン屋さんに入ったのです。

その温泉地は全国的に有名で、新潟の温泉地というと、恐らく3本の指に入るだろうという場所なのですが、さすがに昼間は静かなものです。歩いている人もちらほらという程度です。雪も少し降ってましたから、寒いせいもあるでしょうし、中越地震の影響もまだあるかもしれません。

ところが、そのラーメン屋さんは大繁盛で、ほどんど満席でした。
小さなお店ではありません。カウンターが10席ほど。テーブルも6卓ほどあったと思います。そこに、どこからこれだけの人が集まったのかと思うほどだったのです。

別にその盛況ぶりに驚いたわけではありません。
そのお店がいつも混んでいるのは知っていましたし、知っているから行ったのです。

ただあまりにもお店の外と中のギャップがあったので、なぜこのお店がこんなにも流行るのかと考えてみました。

メニューは特に変わったことはありません。ラーメンは6〜7品ですから多くはないですよね。替え玉ひとつ無料というのはサービスとしてはいいと思いましたが、カウンターから厨房の中を見ると、麺は製麺工場から仕入れたもののようでしたし、スープもそれほどこだわったものには思えませんでした。あっさりしていたのは私好みでしたが。

ただこれだけはすごいと思ったのは、チャーシューです。チャーシューがすごいんです!
男性の手のひらほどもありそうな肉厚のチャーシューが、丼のふちを覆い隠すように花びら状に乗せられます。これがうまいこと!
ジューシーでクセがなくて、これだけでも十分メニューとして出せるほどの出来なのです。
私はもともとチャーシューはきらいでした。ぱさぱさした食感がだめだったのですが、これはうまい!それを細いちぢれ麺とともにあっさりスープに浸して食べれば絶品!!

きっとこのお店が流行る大きなポイントのひとつはこのチャーシューでしょう。
見た目と味に圧倒され、他にはないからまたここに来たいと思います。

現実に、私は他の有名でおいしいといわれるお店は、特にまた行きたいとも思わないのですが、ここだけはまた来ようと思ってしまいます。

さてここからは・・・

▽私の分析です▽

心なしか、最初に入っている麺が少なめです。替え玉の方が多く感じるほどです。
チャーシューが大きいのであまり気にならないのですが、どう考えても少ないのです。
だからちょっと物足りなくて、ついつい替え玉を頼んでしまいます。無料ですから。
私はこれも計算しつくされた作戦だと思うのです。

チャーシューでひきつけておいて、たっぷりで無料の替え玉で割安感を出させる。
替え玉を頼んだ本人は、替え玉が無料であることを忘れません。

印象に残るのは「チャーシューが大きくておいしいお店」と「替え玉を無料にしている良心的なお店」という2点です。時間がたって詳細な記憶が薄れても、「おいしくて良心的なお店」という大事なポイントは残ります。

そして意図してか、更に有効なのは、この2点が人に伝えやすいということです。
スープに○○産の□□と△△をふんだんに使っていて絶妙な味・・・とかいっても聞いた人はどれだけおいしいのかわかりにくいじゃないですか。
でも「チャーシューがでかい」「替え玉がタダ」というのはとてもわかりやすいですよね。

それで口コミが起こりやすいのだと思いました。
この口コミというやつが、広告宣伝効果が絶大であることは、既に周知の事実ですよね。
これを意図的に起こせたとしたら・・・販売促進費用はほとんどゼロで、お客様の方からお店に来てくれる。

こんなことを自分のホームページで実践できたら・・・と日夜考えているのですが、難しいものですね(^_^;
posted by たけし at 01:50| Comment(4) | TrackBack(1) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけしさんの記事を読んで、
そのラーメン屋さんに行きたくてたまらなくなりました^^;
口コミの力が早速働いています♪

たけしさんの分析にも感服。
最大のポイント(チャーシューと替え玉)を2つだけに絞れる
っていうところは大きいですね!
普通の人には覚えやすいし、印象にも残りやすい。
なるほど〜!!!
勉強になります。
Posted by シャンチョン at 2005年03月06日 11:17
そんなに感心してもらえるとは・・・(^_^;
シャンチョンさん、ありがとうございます。

他店の工夫を見てあれこれ考えるのは好きなんですが、いざ自分のお店で活かそうとすると、なかなか大変なんですよね・・・

もうひとつ付け加えれば、替え玉が大きいから予想以上にお腹がふくれます。
要するに半ば強制的に満腹にさせてしまうのです。
ちょっと食べすぎで苦しくもなりますが、これで更に満足感を与えられるではないかと思います。

「なんかもう大満足」っていう感じ。
ポイントの2つに加えて“顧客満足”が、伝えたい情報をしゃべらせる−−口コミを起こさせる最も基本的な“力”なのかもしれませんね。

これを意識的に行っているとしたら・・・たいしたもんです。
Posted by たけし at 2005年03月06日 12:04
新潟で3本の指に入る温泉?
どこの温泉ですか?
T岡温泉?S波温泉?

雪がなくなったころに行ってみたいっす・・・
Posted by みのみの at 2005年03月09日 10:14
だいたいご存知のようですね。

T岡温泉の方です。
定休日があるのですが、覚えてなくて・・・確か木曜だったと思うのですが。

それから時間帯によってはきついです。
少し昼の時間をはずして1時くらいならいいかもしれません。

あまり遅いと閉めてるかもしれないし・・・

ゴルフ場も中峰やフォレストが近いし、お泊りでゆっくりされるといいですね。
Posted by たけし at 2005年03月09日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

口コミ
Excerpt: 今日、はじめてのお客様がコートを持って来店くださいました。 よそのクリーニング店に出したらシミが落ちないと言われたそうで、 なんでもとても気に入っているコートだそうで、悩んでいたら知人に 「三弘..
Weblog: 洗濯屋兄さん奮闘記
Tracked: 2005-03-09 23:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。