2007年01月06日

ロボスーツ生産現場で実証

先日も記事に書いたロボットスーツとはちょっと違うようですが、これもすごいですよ!

東京理科大学では住友建機と組み、1月末から「パワーアシストスーツ」の実証実験を、建設機械の製造現場で始めます。

溶接や組み立て工程で、作業者の負担を15kg前後軽減するそうです。

パワースーツはゴムチューブ状の人工筋肉に外部から空気を送り、収縮させて腕力を補います。

人工筋肉の配置を変えればさまざまな作業を補助できます。

製造原価は現状で約10万円と超安値!

先日書いたロボットスーツは恐らく数十倍はするでしょう。

近い将来、こういった工場では「パワーアシストスーツ」を身に着けて作業する人の姿が一般的になるかもしれませんね。

※「ロボットスーツ生産現場で実証」日経 2007/01/05

ロボットアームは、組み立てや制御を通して、ロボットの基本と運動の原理を学べる5つの関節のアーム型ロボットキットです。専用..

posted by たけし at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。