2006年12月22日

飲酒運転の罰則強化

自民党の飲酒運転根絶プロジェクトチーム(中野正志座長)が、飲酒運転への罰則を2倍程度に引き上げることを柱とする提言をまとめたそうです。

車での来店客に酒類を提供した飲食店や飲酒運転の同乗者への罰則規定も新設する。ということですが。。。

飲食店や同乗者への罰則はいいですが、運転者への罰則を2倍にっていうのはどんなものかと思いますね。

どうもニュースを見ていると、飲酒運転の発覚を恐れたためにひき逃げをしてしまうケースがあるように感じています。

ひき逃げは完全に故意犯です。飲酒していたことを除けば事故は事故。そこに故意はありません。もちろん飲酒しての運転自体が故意にあたるとわたしは思いますが。

それにも増して許せないのがひき逃げです。
目の前に自分が怪我をさせた人がいて、すぐに救急車を呼ぶなりの処置が必要なのに、それをしないで逃げるわけですから。

事故を起こした人は、それだけでかなり気が動転するはずです。
そのときに「飲酒運転だ!やばい!」という考えがまず浮かんだとしたら・・・

罰則の強化には、反対とは言いませんが、かなり「???」ですね。

※NIKKEI NET
posted by たけし at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。