2006年12月31日

ロボスーツ実用化

これはかっこいい!ロボットスーツ!

20061229_2.gif

SFの世界のことだと思ってましたが、もう実用化が近いんですね。

工場での重量物を扱う作業を楽にしたり、脳卒中などで半身麻痺などになった人のリハビリなどに役立てられるそうです。

20061229_3.gif

着てみたい・・・と思いませんか?(^^;

※「ロボスーツ来年実用化元年」日経 2006/12/29

ロボットアームは、組み立てや制御を通して、ロボットの基本と運動の原理を学べる5つの関節のアーム型ロボットキットです。専用..

posted by たけし at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アホな郵便局員

なんとまあアホな郵便局員がいたものです。

レース前日の消印を押して競馬クイズに応募し、懸賞金をだまし取った郵便局員がいたそうです。しかも兄弟ですよ。

2人は昨年4〜6月の競馬新聞企画に応募し、3回分の懸賞金約30万円をだまし取ったんだそうです。

「郵便局員の地位を悪用して消印を押すなど悪質。犯行を繰り返しており常習性も顕著」として実刑判決が下りました。

しかし、もっと他に頭使うことがないんですかねえ。。。(−−;

※「レース前日の消印押し競馬クイズ応募」日経 2006/12/28
posted by たけし at 08:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

年賀状

やっとできました!(^^)/

年賀状です。

card.jpg

もう内容はパターン化してきてるんですが。。。

それでも300枚近い枚数は大変です。

ではこれから投函しに行きまーす!

※出すのが遅いので、元旦に着かないかもです(^^;


posted by たけし at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天・ヤフーに警鐘

公正取引委員会は、ネット上の仮想商店街で、楽天・ヤフーなど大手の運営事業者が、出店者に対して優位的地位の乱用など独占禁止法違反にあたる行為をしている可能性があるとの調査報告を発表しました。

両社に警鐘を鳴らすのが狙いということです。

これによると、例えば楽天は、テナント退去後に出店者が過去の顧客の情報を利用することを禁じたり、楽天が手がける決済代行業務の利用を義務づけたりして高い手数料を徴収したりしているそうです。

うちも楽天に出店することを考えたこともありました。

でもあまりにも制約が多いことと、既にショッピングカートを導入していたので、楽天に乗ればそれがムダになることから、出店はしませんでした。

今思えばそれで良かったと思います。

退去後に顧客情報の利用を禁じるのは、以前個人情報の流出が問題となり、神経質になった結果かもしれませんが、それは本来の姿ではありません。

顧客情報はあくまで店主が管理するのが当然だと思うのですが、いかがでしょうか?お客様はお店のお客様であって、楽天のお客様ではないんですよ。

その辺の考え方が、おかしいんじゃないかなあ?

※「楽天・ヤフーに警鐘」日経 2006/12/28

ショッピングモールに頼らず年商1億2000万円! 大繁盛サイトを創り上げたネット通販セレブが、自ら開発したノウハウを伝授。新規..

posted by たけし at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ヤマトがネット通販

ヤマト運輸グループは、来年1月から企業のインターネット通販業務を一括受託する事業を始めるそうです。

受発注・顧客管理から配送、代金回収までを手がけ、宅配便の取り扱い増を狙うんだとか。

新サービス「通販パック」では、顧客企業がヤマトと契約してから最短1ヶ月内でネット通販を開始できます。

まずヤマトが顧客企業の通販専用ホームページを作成します。
顧客からの受注や顧客管理、出荷指示などを手がける自社システムを使い、一連の業務を代行するそうです。

初期費用10万円のほか、発送個数に応じて月額料金がかかります。
50種類の商品を月400個扱った場合の料金は月64万円!

これって安いの・・・?

ヤマトとしては、扱う荷物が増えればいいのでしょうし、別に売れなくても損はしないと思うのですが・・・

ただホームページを立ち上げただけで商品が売れるのなら、誰も苦労しないんですよ!

やっぱり管理する主体は店主であるべきだし、売るためのコンサルティングをするべきだと思いますね。

ヤマトさん、それでは2010年に20億円の売上げ目標は甘いんじゃないかなあ。。。

※「ヤマト ネット通販一括受託」日経 2006/12/28

本書は、本田健氏による初の翻訳であり、『ユダヤ人大富豪の教え』の実践編ともいえる本である。
 著者のスティーヴン・スコッ..

posted by たけし at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

地震の障害

台湾南部地震で、ビジネスに思いもよらぬ障害が出ているようです。

アジアの南北を結ぶ、主要な海底ケーブルを損傷したため、日本や韓国と、香港や東南アジアとの間の通信は電話、インターネット、企業の専用回線ともにつながりにくい状況になっています。

KDDIやNTTコミュニケーションズは「完全復旧のメドは立たない」といい、損傷した部分を迂回させているものの、正常な回線にデータが集中して通信しにくい事態が当面続くといいます。

一般回線経由の注文は円滑に処理できないため、証券会社は日本の投資家からの注文受付を一部停止しました。

シンガポールで日本の顧客を相手にするデリバティブ取引のブローカーは「顧客とのやりとりがほぼ不可能。ロンドンのブローカーに先を越されてしまう」

日本の新幹線システムを採用した「台湾新幹線」は、地震発生時に試験運転中に揺れを感知して自動停止したんだとか。

台湾のビジネスが元通りに普及するにはまだしばらくかかりそうです。

※「アジア通信 復旧2−3週間?」日経 2006/12/28


posted by たけし at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボード感覚でサイト作成

システム開発のサルガッソーという会社が、マウス操作でホワイトボードに写真や絵を貼り付けたりする感覚で簡単にサイトを作成できるソフトを開発しました。

「NOTA」というこのソフトは、専門的なプログラム言語やキーボード入力が不要で、手書き入力もできるというもの。

作ったサイトは複数の人がプロジェクターに写しながら、各自のパソコンから文字を書いたりすることもできるそうです。

わたしもホームページを作っていますが、プログラム言語などはほどんど知りません。

フロントページというソフトを使っていますが、それでもキーボード入力はやはり必要です。

マウス操作だけでホームページができるなら、確かに画期的かもしれませんね。

新機能自動アップデート機能・自動バージョンアップ機能搭載!
簡単に情報商材を販売するショップを開業することができるトータ..

posted by たけし at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

台湾の地震

昨夜8時26分、台湾の南部で大きな規模の地震が発生しました。

マグニチュード6.7で、かなりの建物が倒壊したようです。

台湾南部の都市「高雄」には、知り合いが住んでいることもあり、心配しています。今のところけが人が37名、死者が2名と聞いています。

地震で本当に怖いのは火災です。まだあちこちでくすぶっているはず。

早く落ちついてほしいものです。

※ 中国新聞

●災害に遭う前に用意しておきたい防災セット。ある程度必要なものを取り揃えた
●昔からの防災セットのオーソドックスタイプ
..

posted by たけし at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

わき見渋滞

今日もバイパスで事故が発生していました。

仕事からの帰り道、わたしは車で事故と渋滞の情報を聞いていたのですが、逆方向だから大丈夫だろうと思っていたんです。

それが乗ってみたらすごい渋滞!

事故処理をしているのは反対車線なんですよ(−−;

まあ年末で混んでいるのもわかりますが、何で反対車線の事故でここまで混むのか。。。

いわゆるわき見渋滞なのだと思いますが、そんなに人の不幸が楽しいものですかねえ。。。

今年も事故に遭ったり起こしたりしないで新年を迎えたいものです。
posted by たけし at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

クリスマスなのに。。。

今日はクリスマス

でも町はもうお正月モードなんですね。

商店ではあれほど飾り付けられていたイルミネーションが、きれいになくなっていました^^;

今年は月曜日なので、お仕事モードでクリスマスなんてもう終わり!という雰囲気もあるのでしょうが。。。

そんなに急がんでも・・・と思いませんか?^^;

写真は良く行くホームセンターの中に設営された、クリスマスグッズや飾りつけの商品のコーナーです。

christmas.jpg

これも今日で最後なんだろうなあ。。。
posted by たけし at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

光のページェント

今日はクリスマスイブ

去年のイブは何をしていたかなと、このブログで見直してみたら、新潟駅南口のけやき通りの写真を載せていました。

光のページェントというイベントなのですが、去年の写真はパンフレットを写したものでした。

東京のミレナリオや、神戸のルミナリエほどではないかもしれませんが、間違いなく新潟の冬の風物詩です。

今年は自分で写したものを載せておきます。

keyaki_2.jpg

また来年もこの記事を見返すのかもしれませんね。
posted by たけし at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

飲酒運転できない車

昨日の「飲酒運転の罰則強化」の記事に関連して・・・

いくら罰則を強くしようと、アルコールの力というのは怖いもので、酔って気が大きくなると判断能力がにぶり、

「慎重に運転すれば。。。」

「近い距離だから。。。」

「つかまりさえしなければ。。。」

となるものです。

実際の事故の例を見ても、

「運転代行を呼ぼうとしたが、すぐ来てくれるところがなく、酔いもさめてきたので自分で運転した。路肩に駐車している車に気が付かずにぶつけたが、全く見えていなかった。瞬間的に寝ていたのかもしれない。。。」

身に覚えがありませんか?

結局人間の意思は弱いものです。

ではどうしたらいいか?

欧米ではアルコールを検知するとエンジンがかからない装置がついた車が実用化されているようです。

日本でも開発が進んでいるようですが・・・

これしかないんじゃないかなあ?
posted by たけし at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

飲酒運転の罰則強化

自民党の飲酒運転根絶プロジェクトチーム(中野正志座長)が、飲酒運転への罰則を2倍程度に引き上げることを柱とする提言をまとめたそうです。

車での来店客に酒類を提供した飲食店や飲酒運転の同乗者への罰則規定も新設する。ということですが。。。

飲食店や同乗者への罰則はいいですが、運転者への罰則を2倍にっていうのはどんなものかと思いますね。

どうもニュースを見ていると、飲酒運転の発覚を恐れたためにひき逃げをしてしまうケースがあるように感じています。

ひき逃げは完全に故意犯です。飲酒していたことを除けば事故は事故。そこに故意はありません。もちろん飲酒しての運転自体が故意にあたるとわたしは思いますが。

それにも増して許せないのがひき逃げです。
目の前に自分が怪我をさせた人がいて、すぐに救急車を呼ぶなりの処置が必要なのに、それをしないで逃げるわけですから。

事故を起こした人は、それだけでかなり気が動転するはずです。
そのときに「飲酒運転だ!やばい!」という考えがまず浮かんだとしたら・・・

罰則の強化には、反対とは言いませんが、かなり「???」ですね。

※NIKKEI NET
posted by たけし at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ショータイム

亀田興毅のタイトルマッチ見ました?

相変わらずのショータイムですね。

次男の大毅はさっぱりボクシングしないで歌ってる方が長いし、下手くそだし。

興毅は結局KOできないし。ランダエタは前より下手になってるし。

興行的にはいいんでしょうけど。。。

以前のような真剣勝負の緊張感が、画面から伝わってこないんですよね。

どう思います?
posted by たけし at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

片目はテレビ

有沢製作所はメガネに取り付けて片方の目でテレビ画像を見る装置を開発しました。

その名も「テレグラス」

メガネレンズの片側に重さ10gの装置を吸盤で取り付けます。

独自の光学技術で1メートル先に21型のテレビがあるかのように映像を見ることができるそうです。

従来もゴーグル型の両目を覆うタイプのものはありました。実は以前私も持っていたことがあります^^;

でも片目用の製品は珍しいですね。

もう片方の目で外の様子が見れるので、映像を見ながら歩いたり、作業をしたりできます。

テレビチューナーを内蔵した本体が付属し、ケーブルでつないで映像を見ます。音声はイヤホンを本体につないで聞くそうです。

昔・・・といっても10年ほど前ですが、ゴーグル型のタイプにはチューナーも付いていませんでしたから、驚くべき進歩ですね!

※「片方の目でTV映像」日経 2006/12/19
posted by たけし at 09:11| Comment(2) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

変わる地名

私の住む新潟市は、来年4月から地区の名称が変わります。

政令指定都市への以降に伴うもので、8つの区名が正式に決まりました。

北区・東区・中央区・・・と、今まではなじみがないだけに、なれるまで少し時間がかかりそうです。

※「新潟市の8区名可決」日経 2006/12/19
posted by たけし at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

冬晴れ

今日の新潟市はとってもいい天気です(^^)

この時期の新潟市ではめずらしいくらい。

週間天気予報では日・月は雪マークだったんですけどね。。。

いったい雪雲はどこへいってしまったんでしょう(^^;
posted by たけし at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

そのまんま出馬?

宮崎県知事選にタレントのそのまんま東さんが、出馬するそうですね。

芸能事務所を辞め、タレントとしての退路を断ち、政治家として再度スタートしようというものです。

県の官製談合事件による出直し知事選となる今回、こういうキャラクターが新しい風を吹かせるのか・・・

過去にいくつかの不祥事がある彼だけに、地元の目もかなり厳しい様子。

タレントとしての退路を断ち、タレントを選挙活動に招くこともしないという彼ですが、それならまず本名である「東国原英夫」として出るべきでは?

「そのまんま」では、まだタレントに未練があるように取られても仕方ないと思うのですが・・・?

※ livedoorニュース
posted by たけし at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

携帯で○○○

先日機種変更した携帯電話に、最近CDをコピーして楽しんでいます。

指先に乗るほど小さな「マイクロSDカード」に512MBもの容量がありますから、かなりの曲数が入ります。

で、音もかなりいいんですよね。
イヤホンをしなくても、ちゃんと聞くことができます。

最近の携帯は、いろんなことができますよね。

メールの送受信、デジカメはもちろんですが、音楽プレーヤー、ワンセグテレビ、カーナビ、スケジュール管理、メモ帳、計算機、機種によってはパソコンで見るホームページやエクセル・ワード・PDFファイルまで見ることができます。

わたしはここ数年手帳というものを持っていません。

スケジュール・アドレス帳・メモ帳など、以前は手帳で管理していたものが全て携帯で済んでしまうからです。

最近では「お財布ケータイ」なも出ていますし、ゲーム機能の進んだ携帯もあります。

いったいどこまで進化するんでしょうかね。。。
posted by たけし at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

無罪?

三菱自動車製大型車のタイヤ脱落事故にからむ虚偽報告事件で、元三菱ふそうトラック・バス元幹部4人と法人としての三菱自動車に対する判決公判が12月13日言い渡されました。

4被告は無罪

会社の刑事責任を見届けたいと、冒頭のいまわしい事故の遺族も傍聴していたのですが、結果は無罪となりました。

この記事をさーっと読んでしまうと、この事故について無罪と言っているようですが、実は違うんですね。

検察側は、事故後国土交通省が指示した調査に、被告らが部品の欠陥を隠して報告し、リコールを逃れたということを訴えたのですが、被告側は、法律に基づかない行政指導に応じただけで、罪そのものが成立しないうえ、「整備不良と過積載などが破損原因だと信じていた」と一貫して無罪を主張してきたというものです。

確かに法律的には理路整然としているのですが。。。どうもスッキリしないニュースです。

※ Infoseek 自動車関連ニュース

※ So-Netニュース
posted by たけし at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。