2006年01月17日

12年目

「平成7年1月17日午前5時46分」

これは生涯忘れられない時間です。
街から明かりが消え、代わりに火の手があちこちで上がった地獄絵図を、今でも鮮明に思い出します。
自分の家のこともあるはずなのに、信号の消えた街を懸命に走るタクシー。その運転手さんにもらったおにぎりの味は忘れられません。

そして、阪神淡路大震災の発生から11年が経ちました。

昨年「震災から10年経ちましたね」と、あるテレビ番組のレポーターがすっかりキレイになった街でインタビューしていましたが、その答えが一様に「もう10年経ったんではなくて、これから11年目に入るんだ」というものだったことを思い出します。現地の人たちにとって、震災復興はまだ終わっていません。

震災発生から12年目に入る、今日はそういう日なんです。
posted by たけし at 09:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。